当ブログのカテゴリとして、ここが相応しいかわかりませんが…

 

先日、このようなご依頼を承りました。

 

「一緒にエンディングノートを作って欲しい」

 

弊社の事業の柱の一つである相続(争族!?)に関する業務ではあるものの、

経営者様の思いや家族構成、財産の状況などを存じ上げているからこその

ご相談かと思います。

 

一般的には「相続“税”」に関するご提案やご相談の流れで

「遺言書」の話になることはありますが、

葬儀は社葬に…とか、金庫の鍵は…とか、○○(内緒)はあそこに…とか、

法的な効力のある遺言書には一般的に書かないものの、ご遺族や関係する方々に

ご自身の「思い」を伝え忘れないために書き残しておく、というのは

とても良い事だと思います。

 

(注)当社は税理士法人であり、相続に関するご相談は弁護士業務の範囲となる場合があります。

その場合は、弊社提携弁護士をご紹介いたします。

 

事業を承継するなら元気なうちに…という考え方と同じく、

新型コロナウイルス感染症の拡大で、いつ何が起こるか分からないと実感する今だからこそ

「万が一に備える」という視点で今を見直すことが大切ですね。

LINEで送る
Pocket