「税理士法人マネジメント」は、現会長の山岸貞司による

「山岸貞司税理士事務所」の開設以来50年以上、石川県を中心に活動してきました。

 

その後、現代表の山根敏秀により「税理士法人 泉が丘会計センター」となり

現在は改称し「税理士法人マネジメント」として

金沢市米泉に「西金沢事務所」、金沢市泉が丘に「泉が丘事務所」を構えています。

 

現在お客様は、首都圏や中部圏の他、沖縄にまで広がってきていますが、

年商規模や業種も様々、個人事業主様から上場企業様まで幅はあるものの

お客様数はそれほど多くはありません。

手広く…というより、質実剛健という言葉の方が合うかもしれません。

 

 

『税務・会計・経営を通じ、地域社会に貢献する企業たれ』

 

 

この経営理念の下、税理士事務所…である前に“サービス業”であるという認識を持ち

本当に「お客様」と「社会」のためになることに、常に挑戦し続けています。

これは今現在に至るまで、ずっと受け継がれているものです。

 

毎月、会計・税務処理を確認し、正しい決算書が作成されていることを確認し

企業の健康診断書たる月次試算表や決算書を基に

これから先、何をすべきかを一緒に考え、ご提案していく形は

今までも、これからも、柱となるサービスになります。

 

これに加え、その時々に合った付加価値をいかにご提供できるか、を積み重ねています。

ここのところは新型コロナウイルス関連での売上、資金繰り、補助金・補助金対応が中心となりますが、

これ以外でも日々、まだまだ出来ることはあると捉え、全スタッフが知恵と情報を出し合っています。

 

当時、一早くコンピュータ会計を導入した山岸会計時代から年月が経ち、

FinTechや電子帳簿、電子納税等、紙からデータへの切り替わりも進み、

会計や税務に関するルール(法律)だけでなく

様々な取引形態と、そこにある可能性・リスクが複雑化し、

時代はさらに早く、大きく、変わろうとしています。

 

そのような中、開業以来の精神を柱に、諸先輩方々の努力と思いを受け継ぎつつ、

私たちもその少しでも先を行くべく、変えるべきものは変え続けていきます。

 

只今、業務内容を分かりやすくまとめたページを当HP内で公開すべく、準備を進めています。

皆様のお役に立てるものが一つでも多く見つかれば、と思います。

 

LINEで送る
Pocket