今日で8月が終わり、今年もあと4ヶ月となりました。

今年ほど激動の年は無いかもしれません。

(と言いつつ、10年に一度、100年に一度、という言葉をよく耳にするようになりましたが…)

 

気が早いですが、これから秋、冬へ向かいます。

インフルエンザに加え、新型コロナウイルスへの対処も必要です。

特に最近、また感染者が増加してきている新型コロナウイルスについては、

①自らが感染した場合

②自らが濃厚接触者となった場合

③周りに濃厚接触者がいることとなった場合

それぞれの対処法を確認しておかなければなりません。

  

感染した場合は分かりやすいとして、濃厚接触に関する情報発信は少なく感じています。

濃厚接触の定義としては、

『必要な感染予防策をせずに手で触れること』

または

『対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があったこと』

とされています。

また、検査の結果、陰性となった場合でも

「感染した方と接触した後14日間は、不要不急の外出を控える」

ように、保健所から指示があるようです。

 

もし周りに濃厚接触者がいることとなった場合は、

その濃厚接触者の濃厚接触者に該当するかどうかを確認することになります。

 

【厚生労働省HP】

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/qa-jichitai-iryoukikan-fukushishisetsu.html#h2_1

 

過度に恐れることなく、正しい情報を知り、正しい対処を行い、

冷静に付き合いながら“日常生活”を続けていきましょう。

LINEで送る
Pocket