昨年、生まれた子供の数は約86万人。

今年の新成人は約122万人。

ちなみに、70歳の方の人口は約200万人。

日本では、1年に50万人が減っています。

人口が減少すると、単純に消費する人が減るので

売上が減ることをイメージしてしまいますが、

高齢化が進むことも重なり「働き手」が急激に減少することにもなります。

人の採用については今後、大企業ではある程度、出来るかもしれませんが

中小企業では現状の「難しい」から「不可能」になる可能性があります。

給与水準だけでなく、福利厚生や職場環境・企業風土等の改善・充実を図り

「選ばれる企業」になることが求められそうです。

AIやロボットが進化して、近い将来、人の手がいらなくなるかもしれませんが

人の手がまだまだ必要な分野があることも間違いありません。

また、いずれ“それら”が進化してきても、それを使うのは“人”でもあります。

人の採用に関しては、条件に合致すれば助成金・補助金があります。

まずはご相談ください。

LINEで送る
Pocket